2009年03月19日

三大成人病のガンを誘発する「発ガン性物質」とは

ここでは、三大成人病のガンを誘発する「発ガン性物質」を幾つか紹介します。
1・山菜の「わらび」には、「プタキロサイド」という発ガン性物質が含まれています。
ですが、わらびを煮る際の「アク抜き」で大体が取り除けるので、基本的に食べ過ぎなければ心配は要りません。
2・「コーヒー」には、発ガン性物質の「アクリルアミド」が含まれている反面、「クロロゲン酸」という抗酸化成分も含んでいる為、ガンや他の三大成人病予防にも良いとされています。
これについては、どちらの説を信じるかですが、もし結論が出ないならば「自分にとって都合の良い説」を信じると良いでしょう。
3・「食べ物の焦げ」には、タバコにも含まれる発ガン性物質である「ベンゾピレン」が含まれており、他の三大成人病にも良い成分とは言えません。
4・発ガン性物質ではないですが、「塩分」の摂り過ぎは「胃ガン」のリスクを高める事が知られています。
これについては、高血圧を筆頭に、全ての三大成人病の発症リスクを高める事にもなるので、塩分の摂取は1日に10g以下にするのが良いでしょう。
ちなみに、食品の「栄養成分表」には「塩分表示」がない商品が殆どですが、「ナトリウム表示」はあるはずですので、「ナトリウム×2.54」と計算すると塩分量が把握できます。
例えば、ナトリウムが2.4gのインスタントラーメンならば、6.1gの塩分が含まれている事になります。

  • 自転車保険

  • 出産祝い

  • 税金対策

  • 妊娠産み分け


  • posted by @ at 17:45| Comment(40) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    三大成人病の一つ「心筋梗塞」を防ぐには

    三大成人病の一つ「心筋梗塞」は、高脂血症・糖尿病・高血圧・痛風・タバコ・肥満・遺伝などが主な危険要因となります。
    心筋梗塞の前兆としては、胸が痛くなり圧迫感を感じるといった「狭心症」があります。
    尚、狭心症の場合も、三大成人病の心筋梗塞と同じ危険要因で発症します。
    ですので、普段の生活習慣に気を配っているにも関わらず、狭心症が発症した場合は、「循環器内科」にて診察を受けるのが安心です。
    ただし、糖尿病を患っており、「糖尿病神経障害」を合併している人は、狭心症の発作の痛みを感じない場合があるので、通常の人よりも注意が必要です。
    また、狭心症には、運動時など身体を動かした際に発症する「労作性狭心症」と、寝ている時などに発症する「安静時狭心症」があり、中でも注意するべきは、「運動時しか発作の発症がなかったのに、最近は寝ている際にも発作が発症する」というケースです。
    他には、「昔よりも狭心症の回数が増えてきた」「発作時の痛みが強くなった」「発作が長時間続く様になった」という場合は、かなり危険度が高い状態だと認識しましょう。
    尚、同じ三大成人病の一つである「脳卒中」の場合も、発症箇所こそ違っても心筋梗塞と同じような疾患なので、心筋梗塞のリスクの高い人は、脳卒中のリスクも高いと言えます。 
    いずれにしても、他の三大成人病と同じ様に、いかに早期の状態でリスクに気付いて対策していくかが心筋梗塞を予防する要です。

  • 結婚式の歌ランキング

  • 結婚式祝儀

  • 山中湖 ロードレース

  • 資格試験通訳


  • posted by @ at 17:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    三大成人病の一つ「脳卒中」を防ぐには

    三大成人病の一つ「脳卒中」を防ぐ為には、血液を正常に保つ生活習慣を送ることが一番大切です。
    基本的には心筋梗塞と同じで、高脂血症・糖尿病・高血圧・痛風・タバコ・肥満・遺伝が危険要因となりますので、これらを念頭において生活し、定期的な健康診断を実施する事が大事です。
    脳卒中に良い健康成分には、「イチョウ葉」があります。
    ヨーロッパでは医薬品としても利用されるイチョウ葉は、血液サラサラ成分の一つで、他の三大成人病にも良い成分ですが、特に「脳血管関係」に良いとされています。
    また、「γ-アミノ酪酸(ギャバ)」も脳の血流を良くするので、脳卒中を筆頭に他の三大成人病の予防にも良い成分です。
    ギャバを多く含む食品には、玄米を発芽させた「発芽玄米」があります。
    発芽玄米の欠点は、「白米」と比較すると価格が高いことですが、栄養素では殆どにおいて発芽玄米が勝っています。
    脳卒中予防には、これら生活習慣を正すことから対策を見出していくのが基本です。
    そして、生活習慣の良し悪しや健康診断の有無に関わらず、脳卒中の前ぶれである「強い頭痛」「突然のめまい」「半身の痺れやマヒ」「言語障害に陥る」「モノが二重に見える」「最近、急に物忘れが酷くなった」などの症状が現れた場合は要注意です。
    この様な場合は、三大成人病の脳卒中を専門に扱う内科である「神経内科」へ訪れてみるのが良いでしょう。

  • ファッションコーディネイト

  • ベトナムドラゴンファンド

  • 簡易保険

  • 芸能人の整形手術


  • posted by @ at 17:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    三大成人病の予防や治療を行なえる施設

    「成人病センター」とは、生活習慣病、三大成人病の予防を目的とする施設で、日本中の様々な地域に点在しています。
    成人病センターの役割は、「一般検診」や「健康診断」、「人間ドック」などの実施により生活習慣病を未然に防ぎ、三大成人病へと発展させない事にあり、各成人病センターにより異なりますが、「乳ガン検査」や「子宮頚部ガン検査」「卵巣超音波検査」などを行なう施設も存在する等、かなり専門的分野に分かれています。
    これらは、三大成人病の中でも、特にガンに対するサポートが配慮されている様です。
    各地域の成人病センター検索法は、ネット検索にて「北海道成人病センター」などとキーワード入力して検索します。
    また、成人病センターとは別に、非常に大規模な施設として「がんセンター」も存在しています。
    がんセンターは、日本中に16箇所ほど設置されており、「がんセンター」とキーワード入力し、ネット百科事典の「ウィキペディア」を訪れると、日本各地のどこに施設があるのかを知ることが可能です。
    そこから展開している地域を把握し、各がんセンターの公式サイトを確認して下さい。
    様々な診療科にて診療を行なっており、ガンのみならず「心臓疾患」「脳血管疾患」も含め、全ての三大成人病のサポートを行なう施設もあるので、是非確認してみると良いでしょう。

  • デコトモ

  • デニムスカート

  • トラベルカフェ

  • パワーサプライ


  • posted by @ at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    三大成人病と関連深い症状とは

    三大成人病と関連深い症状には、「糖尿病」「脂質異常症(高脂血症)」「高血圧」「高尿酸血症」「肥満」等があります。
    三大成人病とは、これらが起因となり発症することが多いので、三大成人病を予防するというよりも、これら生活習慣病を防ぐことが三大成人病の予防となるのです。
    そして、ここで気付く人もいるかも知れませんが、肥満は別として、上記4症状が血液関係の症状であり、それぞれが血液の「糖」「脂」「圧力」「尿酸」となっております。
    つまり、「糖質」「脂質」「食塩」「プリン体」の4つを食生活にてコントロールする事が、「基本であり究極」なのです。
    これらさえ上手にコントロールできれば、肥満の解消も望むことができます。
    もちろん、この他にも「禁煙すること」や「多少の運動はすること」「ストレスを溜めないこと」などと幾つかありますが、最優先は食事コントロールで。
    その上で、禁煙・運動・ストレス解消を心がけていけば、基本的にはオーケーです。
    そして、それでも健康体が保てないようならば、健康食品などを活用すると良いでしょう。
    現実問題、様々な情報に貪欲になり、頭デッカチになってしまうと、どうしても基本を忘れることが多いのが人間という生き物です。
    もういちど初心に戻って、三大成人病(生活習慣病)の予防を考えるのも良いでしょう。

  • メトリーゼ(MAITRESSE)

  • ヨーガンレール

  • 銀山温泉

  • 山田養蜂場


  • posted by @ at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。